リトルリーグって

たかが野球・されど野球・・・
野球というスポーツを通じて仲間との絆を育み
挨拶や礼儀、感謝の気持ちを身につけ人間的に成長してもらいたい

ジュニアでは 仲間と野球をする楽しさを感じてもらい
マイナーに上がったら真剣に野球に打ち込んでもらい
メジャーでは、勝つ喜び・負けた悔しさを仲間と共に感じ
切磋琢磨すること・助け合いの大切さ、その先の野球人生に必要なことを学んでもらいたい

軟式野球に入れようか硬式野球に入れようか迷っている方
どちらもメリット・デメリットがあると思います
軟式野球は、小学校の範囲の中で入団されると思います
通いやすい・学校のお友達がいるなどメリットがあります
リトルリーグは、広い範囲の中から入団が可能です
しかし子供だけでは通うのが大変、最初友達がいないから不安など
デメリットもあります
しかし、リトルリーグは、逆に学校以外の仲間がたくさん増え刺激を
もらえることが多いです
また、硬式ボールは、硬くて危険・怖いと思われると思います
・・・その通りです
マイナーからは、プロ野球選手が使用するボールと同じものを
使用します
大きなケガのリスクは軟式に比べて高いのが事実です。
なので我々リトルリーグの指導者は、練習中、厳しく指導します
怒るのではなく「叱る」、選手の集中力を高め、危険回避を
しなければならないからです
小平リトルリーグの指導者は、常に選手を見ています
危険回避をするためはもちろん、選手の体調・心の観察を行っています


リトルリーグのメリット

硬式球に早く慣れることで中学・高校でボールへの恐怖心や
対応力に差がつきます

ルールの違いもあります リトルリーグは距離が短く
リード禁止など本来の野球とは違うルールがあります
また投手の球数制限も厳重に決められており捕手に関しても
同様にルールが決められているのでケガのリスクが軽減されます

軟式と距離が違い短く設定されています
それによってスピード感がとても違い迫力さえ感じられます

エンゼルスの大谷翔平選手もリトルリーグ出身で現在
二刀流として大活躍しています
軟式野球の人口の方が硬式野球より多いですが
プロ野球選手になる選手は、高校入学前までに硬式野球を
経験した人の方が確率的には高いというデータもあります

厳しい指導は選手をケガから守るため
心の成長を促すためでもあります
心・体・技
心を育て・体を鍛え・技術を習得する


小平リトルリーグでは


小平リトルリーグは 基本を大事にし、中学野球・高校野球へと
繋がる野球を心がけています
また選手は、勝つことを目標に取組みます
「負けてもいいや」と考えると向上心はなくなり現状維持に
甘んじます 勝ちたいと思うから負けた時の悔しさが感じられ
課題を見つけ克服しようと考えます

仲間を励まし共に戦うからこそ得られるものも多い
レギュラーが偉いわけでもなんでもない

「一人一役 全員主役」


ベンチにいる選手も一丸となって戦えるチームを目指します

最後まであきらめない選手、やりきる選手を育てます

入団対象学年

ジュニア 年中~小学3年生の夏
マイナー 小学3年生の夏~小学5年生の夏
メジャー 小学5年生の夏~中学1年生の夏

入団可能地域

小平市・小金井市・東大和市・東村山市・西東京市・国分寺市
立川市・東久留米市・武蔵野市に在住・在学の少年・少女

練習日

毎週土曜・日曜日と祝祭日
夏時間 8:30~17:30
冬時間 9:00~16:30
※大会・練習試合等により時間は変わります
※練習以外に合宿(夏休み)を行います

入団手続きに必要なもの

入団申込書(入団の意思を伝えていただけたらお渡しします)
住民票

会費

ジュニア 3,000円
マイナー 4,000円
メジャー 4,000円
※スポーツ保険800円(別途)
※合宿費(合宿を行う際に徴収します)
※父母会費(指導者の昼食代・イベント時の費用等)
※遠征費300円(リーグバス使用・配車時に徴収)
配車をしてくれたご父兄に車代500円(高速代)を支給します

購入する物

ジュニア
・大会用ユニフォーム
・帽子(練習・大会兼用)
・アンダーシャツ(黒)、ソックス(黒)

※バットは、リーグの物があります。購入される方は、リトルリーグティーボール用(USAマークのある物)・少年軟式野球用(SGマークのある物)

マイナー
・大会用ユニフォーム
・練習試合用ユニフォーム(Tシャツタイプ)
・帽子(練習・大会兼用)
・アンダーシャツ(紺)、ストッキング(紺)・ソックス(白)
・Vジャン
・チームバッグ
・グランドコート
・スパイク(ブラック×ホワイト ミズノ製 指定あり)
・胸部保護パッド

メジャー(マイナーから引き継がない物)

・試合用ユニフォーム(練習試合・大会兼用)

・帽子(試合用)
・ストッキング(紺×白ライン) 

・スパイク(ホワイト×ネイビー ミズノ・アシックス指定あり)

※各シフトにてヘルメット・キャッチャー道具・バットは、リーグにて購入しています。バットに関しては、個人で購入しても構いません
USA Baseball Bat規格(USABat) に限ります

※グローブは、各自購入していただきます。少年硬式用を推奨しております。キャッチャーミット・ファーストミットは、リーグにて購入しているのがありますが個人で購入しても構いません

ご父兄さんへのご協力のお願い

小平リトルの事務局・指導者は、すべてボランティアで運営
しております
運営をスムーズに行うためにご父兄の皆さんにご協力をいただき
「父母会」があります。
また、指導者だけでは管理できない部分を各シフトでお当番さんをお願いし選手の救護、道具の運搬を月に1~2回程度
行っていただいています
遠征は、東京都内または関東圏内行きます 
リーグバスを使用することもありますがジュニア・マイナーは基本的にはご父兄の皆様に車出しを行っていただき配車で行きます
ご家庭内でご兄弟がいる場合、大変かと思いますがご父兄同士で協力し合って日程の調整等を行っていただいています

子供の野球をしたいという素直な気持ち、小平リトルリーグに
入りたいという気持ちを私たちは尊重します
大人の事情で野球ができない子供を減らし野球人口の
減少を止めたいと強く思います

小平リトルでは、ご父兄の負担軽減を目指して活動しています

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

専属トレーナーによるケガの予防・パフォーマンス向上トレーニングの動画になります。(2021.12.19メジャーにて撮影)

小平駅近くで開業されている当リーグ卒団生でもあるワタナベカイロプラクティック渡辺院長が毎月、定期的にトレーニングを行い、ケガの予防のためサポートしています。

当リーグでは、痛みがあった場合、すぐにケガの早期発見・早期治療へのアドバイス・指導も行い、選手が長く野球ができるようサポートしてくれています。